プログレッシブな日々

混沌こそ我が墓碑銘。快楽の漸進的横滑り。

ドルジェル泊の舞踏会を新訳で読んだよ。

ドルジェル伯の舞踏会 (光文社古典新訳文庫)

ドルジェル伯の舞踏会 (光文社古典新訳文庫)

 

フランス心理小説の極北であり終着点、小林秀雄堀辰雄三島由紀夫らに大きな衝撃を与えた『ドルジェル伯の舞踏会 』。三島の『盗賊』はこの作品のオマージュだろう。

新訳が出ていて、なんと従来の作者の死後にジャン・コクトーらが手を入れた「初版」ではなく、ラディゲが病床で校正した「批評校訂版」を底本とした初の翻訳ということなので、さっそく読んでみた。コクトーらは校正・校閲を超えた改編を行った可能性が指摘されており、本作とコクトーとラディゲの合作と言い切る研究者もいるぐらいだ。


前に新潮文庫版を読んだのは仏文科の学生だった40年近く前なので、ディティールは忘れているが、確かに「あれ?(こんな記述あったかな?)」と思う箇所がいくつかあった。今後はこちらの版が本作のスタンダードとなっていくのかもしれない。翻訳文はとても読みやすい。

光文社古典新訳文庫はどれもそうだが、解説も思い入れたっぷりで読み応えがある。次は大学の先輩である中条省平氏が訳した「肉体の悪魔」の新訳も読んでみたい。

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)雑感。

 

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

 

先日の新天皇即位で古代天皇制の終焉としての承久の乱に思い至り、先週から本書を読み始めたのだが、読書に集中できる時間がなかなか取れず昨夜ようやく読み終わった。乱の背景となる院政と武士の勃興から語り起こし、後鳥羽院源実朝の人となりと政権から乱の経緯、さらにその余波までを、根拠となる資料を示しながら一般にもわかりやすく解説している良書だった。

僕の歴史知識の古さも思い知った。いちばん目を開かされたのは源実朝の実像である。これまでは文弱のお飾り将軍と思い込んでいたのだが、18歳から将軍親政をスタートさせ、当初は重臣たちに侮られながらも、和田義盛の乱などでリーダーシップを発揮し、北条義時の横暴な要求をきっぱりと拒否するなど「将軍として十分な権威・権力を保ち、幕政に積極的に関与していた」(本書・はじめに)。

実朝の横死後に勃発した承久の乱は、北条政子の演説により関東武士たちが一つにまとまったわけだが、その過程ではどちらが有利か洞ヶ峠を決め込んでいた有力武将もいた。近代以降語られる妙に道徳的な武士道とは異なる、生き残るためのリアルな(ビジネスやスポーツの駆け引きにも似た)武士道がここに息づいている。

一方の後鳥羽院はオールマイティな才能を誇る名君で、武士の棟梁でありながら宮廷文化にも造詣が深い実朝に信頼を寄せ、幕府と朝廷はきわめて親密な関係にあった。それが実朝の死によって一気に暗転する。だれが愚かだったわけでも、悪いわけでもない。歴史の歯車がカチリと音を立てて進んだまで...と言うしかないだろう。

そうはいっても、文化的レベルが極めて高い後鳥羽院と将軍実朝の二人の王権=協調政治が数十年続いていたとしたらとしたら....という歴史の「if」の誘惑から逃れられそうにない。

それにしても近年の一般向けに書かれた新書の中世史本の充実ぶりはほんとうにうれしい。大河ドラマも露骨なオリンピック広報なんかやらずに、この時代の面白いドラマを作ってほしいな。

日経に「男と女の尿もれ事情」について書きました。

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO51382800V21C19A0W10600/

style.nikkei.com

 

日経新聞NIkkei Plus 1に「尿もれ」についての健康コラムを書きました。男女で異なる尿もれの原因についてまとめております。

首里城炎上に思う。

f:id:indoorffm:20191101193412j:plain

"Photo by CEphoto, Uwe Aranas"

首里城は10年ほど前の沖縄出張の際に訪れた。再建とはいえ、往事の趣を伝える見事な建築と収蔵品でとても楽しめた。ただいちばん思い出に残っているのは、鎖之間で琉球の伝統菓子をいただいたこと。あの場所も燃えてしまった。伝統衣装を着たスタッフによるなかなか気持ちの良い“おもてなし”空間だった。

今回焼失した首里城の施設はほぼ平成の時代に再現された観光施設と考えて良いだろう。観光施設だから価値がないわけではなく、再建に当たって発掘調査や写真資料収集、古老の聞き取りなどを行い、正確な復元・再現が試みられた。しかし、かなりの困難がともない、再建後に誤りが発見された部分もある。たとえば Wikipedia「首里城」の項目を見てみると次のように書かれている。

 

屋根瓦については色についてさえ記録がなく、当時を知る老人を集めて話を聞いても赤~黒まで意見がバラバラで難航した。すでに琉球瓦を生産しているのは奥原製陶ただ1軒だけであり、4代目主奥原崇典の尽力によって首里城の瓦が復元された[8]。なお、2014年に米国立公文書館から沖縄戦で焼失前の首里城のカラー映像が発見されており、それによると屋根瓦は赤色では無い事が判明している[9]

 

今回の焼失は1453年、1660年、1709年、そして1945年の沖縄戦による焼失に次ぐ、史上5度目の焼失だという。沖縄の人々の悲しみははかりしれないが、屋根瓦の色など最新の研究成果と十分な防災措置を盛り込んだ5度目の再建=再現を果たすことに期待したい。もちろんそれには時間がかかるだろうから、コンピュータ・グラフィックやVR技術を駆使したバーチャル首里城を暫定的につくっても良いと思う。

そういえば、現在の首里城の場所はかって琉球大学のキャンパスだった。流大の人文社会学琉球アジア文化学科あたりが、工学部の研究者と連携して首里城再建プロジェクトをやってもなかなか面白いと思うのだが、どうであろうか。

すでに沖縄大学の学生が主催する首里城火災支援のクラウドファンディングも立ち上がったようだ。500円から募金できる。

japankurufunding.com




ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版> ジェフ・エメリック

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

 

Abbey Road』のリマスター版を買ったせいもあり、今月はビートルズを良く聞いた。

今聴くとスカスカでシンプルなビートルズサウンドだが、半世紀近く聴いていても、その隙間から未だに新発見が顔を覗かせるからすごい。ジェフ・エメリックは、メンバーの(特にポールの)クリエイティビティが高まった中期〜後期ビートルズにおいて、ジョージ・マーティンとともにテクニカルサイドからそのマジックを構築した人物。エンジニアの立場からビートルズの当時の内部事情を赤裸々に描いた本書は刊行当時話題を呼んだ。どちらかといえばポール擁護派の著者なのだが、ポールに関しても忌憚のない意見が書かれているし、ジョンの凄さも素直に感嘆している。そんなエメリックも1年前に亡くなってしまった。


ビートルズ初期の2枚「Please Please Me」「With the Beatles」は、コーラスを含めて、ほとんど一発録り、スタジオライブといえる作品だが、このバンドがデビュー当時から“完成“していたことに今更ながら驚かされる。特に当時22歳であったジョン・レノンの老獪とさえいえる歌いぶりはすごい。この時代のエンジニアはノーマン・スミス。後にシド・バレットが抜けたピンク・フロイドサウンド構築に関わった人物である。彼は聞き手の意識を盤面に吸い込むライブ感の演出が得意であった。ビートルズは「あの4人」がグループを組んだことも奇跡に近いが、ベストなタイミングで優れたスタッフが近くに居た僥倖を思うと、なんだか言葉を失う。

ビートルズはいつまで経っても僕にとっての「謎」なのだ。

令和元年台風19号雑感

 

www.sankei.com

与党の責任者の一人である二階さんが「まずまず」とか人に聞こえるところで言ってはダメなんで、それはあやまったほうがいい。一方で伊勢湾台風(死者約4700)や狩野川台風(死者・行方不明1200以上)に比せられ、「100年に一度」の大雨を降らせた台風19号なので、政府内では最悪数百人規模の死者が出る可能性も想定されていただろう。僕もそう怖れていた。風害対策、ガラス飛散対策、照明・電源・水・食料確保、野営準備などいつになく準備を怠りなくした。

それが「まずまず」で済んだということは、昭和の時代に比べて防災の実践がはるかに進んで国民の生命が守られているということなのは間違いない。こうした側面では時代は確実に進歩し、良くなっているのだ。

10月8日13時に台風19号来襲に向けた情報連絡室を内閣府に設置して以降の政府・自治体の連携(警察、消防、自衛隊の動き含む)も、千葉県を壊滅的に叩きのめした前回の台風15号の反省を踏まえてか、わりとスムーズだったように思う。

19号上陸後の荒川・隅田川や江戸川・利根川相模川のダム放水のタイミングについては「中の人」たちの不眠不休の尽力とおそらくはギリギリの所での決断によって、最悪のケースである首都圏水浸しを阻止できた。絶望的な想定もされていた江戸川区は結局のところ水没を免れたし、多摩川も堤防がない二子玉川や下水設備のオーバーフローという人災を蒙った武蔵小杉以外では話題になるような水害はなかった。15号と違って風害がひどくなかったことも幸いした。

一方で長野、栃木、福島、宮城各県などの水害はかなりひどく、特に水害をそれほど想定していなかったと思しき長野市千曲川の氾濫で北陸新幹線E7系・W7系車両が水没している光景には驚かされた。長野市在住の知人も命からがらの目にあっており、肝が冷えた。

f:id:indoorffm:20191017175612j:plain

水没する新幹線車両。Abema NEWSより。

台風19号に対して冷静に考察できるようになった今、二階さんの(まるで党内の内輪話みたいないつもの)不用意な発言内容や安倍首相が台風ではなくラグビーについてツイートしたなどと言ったどうでも良い批判ではなくて、実際の被害状況をつぶさに検討しながら都道府県・市町村単位であらためて防災対策の見直しを行うと良いだろう。自然災害に対する防災、避難等の災害対策の核となるのはあくまで自治体だ。中央政府はあくまで支援母体であり、余計なリーダーシップは必要ない。福島第一原発事故時の菅直人首相と現場の軋轢を思い出してみると良い。聖人のような為政者が民を危機から救うのは神話とかおとぎ話の世界での出来事。危機が訪れたときこそ淡々と事を運ぶのが現代政治家の要諦だ。

 

 

10/5日経夕刊に「歴史的建築物で誓う永遠 結婚式で特別な記憶刻む」を書きました

 

style.nikkei.com

 

10/5付日経夕刊に書いたコラム記事が誰でも無料で全文読める「NIKKEI STYLE」に転載されていました。

最後の方で触れている江戸東京たてもの園「デ・ラランデ邸」は、通常「武蔵野茶房」が営業しており、ここの焼きチーズケーキは絶品らしいです。以前は「高橋是清邸」が和風喫茶になっていて、惨劇のあったお屋敷でのんびりあんみつなどをいただくことができたのですよ(現在は見学のみ)。「デ・ラランデ邸」は2013年たてもの園で一番最後(30番目)に移築された建物で、戦後になってカルピス創業者が買い取っており、1999年まで会社事務所として使われていたそうです。

f:id:indoorffm:20190910111839j:plain