読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログレッシブな日々

混沌こそ我が墓碑銘。快楽の漸進的横滑り。

Memento mori 〜 死を憶(おも)え〜

opinion 世相

f:id:indoorffm:20150815222120j:plain

www.youtube.com


 

お盆で空いている電車に揺られながら、掌の中のぬくもりが消え去っていく。

デスクのパソコンのキーを叩きながら、遠くの方で起きている爆撃の音を聞いている。

私たちの中の宗教が、私たちをジェノサイドの崖っぷちに誘っていくのを

世代を超えて待っている気分はどうだい?

私たちが信じる哲学が、私たちが愛する芸術が、そして私たちが信じる平和が

私たちを孤立した牢獄に導く道だと言うことを信じられるかい?

 

爆音は、私と君の頭の中で、名残を惜しむ様にいつまでも鳴っている。

南京で、ノモンハンで、広島で、長崎で、東京で、沖縄で、

朝鮮半島で、ベトナムで、カンボジアで、東チモールで、ミャンマー
 アフガンで、イラクで、シリアで、パレスチナで、ダルフールで、

私たちは何人もの麗人が舞い降りてくるのを、

ただ自らの無聊を慰めるように眺めて来たのだ。

しかし、爆音は頭の中で鳴り続けている。

いつかそれが頭の外に出るときまで。

 

やりきれない灼熱の平和の中で、埃をかぶったギターを手に取り、歌う。

だが、5弦開放A音のチューニングが、どうしても合わないのだ。

 

C   Em    Am   F

世界は がらくたの中に 横たわり

C    Am   Dm   G

かつては とても 愛していたのに

C  Em    Am   F

今 僕にとって 死神はもはや

C   Am  Dm   G

それほど 恐ろしくはないさ

C    Em  Am   F

さようなら世界夫人よ さあまた

C  Am    Dm  G

若くつやつやと 身を飾れ

C  Em Am   F

僕らは 君の泣き声と

C  Am    Dm  G

君の笑い声には もう飽きた

頭脳警察「さようなら世界夫人よ」詩:ヘルマン・ヘッセ(1944年)/訳:植村敏夫)

※コード違っていたらスマン